読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六甲〜堺浜

さすがに3連休の1日もロングなしはまずいだろうとのことで、この日は3時起床の4時出発。

f:id:ythcn532:20161113182734j:image

お昼には帰ってきたいので160kmほどのルートを引く。場所的には宝塚・三田・篠山界隈。いつものように2号線・武庫川を使い宝塚まで。ここから33号線を北上しようとするが予定変更。緊急の呼び出しがかかる可能性があった為早めに自宅付近に戻ることに。その為六甲を逆瀬川ルートで一本登り、その後堺浜でのチーム練に参加することに。結構本気で六甲登るも全然ダメで47分の260W。タイム的にはダメでも練習としてはオッケーといつもの言い訳を言い聞かせ帰路へ。いつも思うけど自転車における服装は本当に難しい。汗冷えせず、寒くなくと考えてその日のウェアを選ぶもどこかの時間帯・状況では我慢を強いられる。この日はプロチームロングスリーブジャージ+ジレ、シャドウニーウォーマー+プロチームビブショーツ、プロチームソフトシェルグローブ、プロチームシューズカバー。出発直後は若干の寒さは感じるが、気温10度では耐久走レベルで10分経過するとジレは要らないほど。六甲を登り始めの気温は7度。ジャージのジッパーを全開にし登り、汗はそれほどかかず。それでも六甲の下りと、下り以降の10キロは寒さで体力が奪われた。

100kmほど走った後堺浜にそのまま行き、流し。集団を引く気力も体力もない為、集団のペースが上がったところで離脱。その後は次に買うホイールの話をチームメンバーと30分ほど話し、帰宅。久しぶりに距離を得た充実感と空腹感を感じながら家の雑事をして本日終了。

f:id:ythcn532:20161113182720p:image

Wt64.0kg